がん保険はしっかり内容を確認してから入りましょう。

がん保険はしっかり内容を確認してから入りましょう。

がん保険はしっかり内容を確認してから入りましょう。 がん保険には色々な種類があります。がんと診断された時に一括して治療費を支払ってくれるものや、入院日数に対して治療費を支払ってくれるもの、その両方を兼ね備えたものなどがあります。最近のがん治療は通院治療が主流となりつつあるため、がんになった時の生活を考え、どの保険がいいかはよく考えなければなりません。

それに、がんといっても色々な種類があります。上皮内がんと言われる比較的軽度なものから、リンパなどにまで浸食がすすんでしまっている深刻なものと様々です。がん保険には上皮内がんではお金が支払われないものがあります。「がん保険」だからどんながんでも大丈夫と思われている方も多いので気を付けなければいけません。

上述している通り、がん保険の中身はものによってかなり違います。基本的なものに特約などをつけてかなり手厚い保険内容にすることもできます。しかし、そうすると毎月支払う保険料がかなり高額になってしまいます。保険料が高すぎて今の生活が成り立たなくなってしまったら本末転倒です。

今の自分がどの保険に入ったほうがいいのか、プランナーのかただけでなく、家族としっかり話し合いをしてから加入することをオススメします。がんを患ったとき、一番支えてくれるのは家族ですが、一番迷惑をかけるのも家族です。家族のことをよく考えてからがん保険に加入しましょう。

最新記事